【ご挨拶】

 2018年6月に「食品衛生法等の一部を改正する法律」が公布され、2020年6月からHACCPに沿った衛生管理が義務化されます。
食品衛生法の15年ぶりの大改正に伴い、外食等も含めたすべての食品等事業者様に、一般衛生管理に加え、HACCPに沿った衛生管理の実施が求められます。

本セミナーでは、HACCP制度および義務化の概要をご紹介するとともに、HACCP対応を支援するソリューションについて、【計画】【記録】【分析】という3つの観点からご紹介いたします。
オンラインでご視聴頂けますので、お気軽にご参加くださいませ。

 

【セミナー概要】

イントロダクション

所要時間:約20

HACCP義務化とは?制度概要とソリューションのご紹介

講師:株式会社内田洋行

20186月に改正食品衛生法案が通常国会で可決され、HACCPの義務化が公布されました。これにより、20206月までに食品を扱うすべての事業者にて、HACCPに基づく衛生管理が求められます。

当セッションでは、HACCP制度および義務化の概要と、制度に準じた衛生管理を支援するソリューションをご紹介いたします。

セッション:計画

 所要時間:約10
 誰でも・素早く・簡単に!HACCP文書作成ツール「HACCPクリエーター」のご紹介

講師:株式会社サン・プラニング・システムズ 様 

 HACCP対応手順として重要な危害要因分析・重要管理点(CCP)の決定には、製造工程一覧の整備やハザード分析表といった様々な管理帳票の作成が求められます。「HACCPクリエータ」はフローダイアグラムの作成・修正における圧倒的な生産性と、ハザード分析表・HACCPプランの自動出力・取込機能により、HACCP文書の作成・維持管理工数を大幅に削減します。

 セッション:記録  所要時間:約20
 記録業務をペーパーレス化!「XC-Gate」で始めるHACCP対応
 講師株式会社内田洋行
 HACCP対応により、紙帳票の記載と管理、データ化、集計、分析と現場には多くの労力がかかります。帳票電子化ソリューション「XC-Gate」より、現場の紙帳票をタブレットで入力する電子帳票へ変換、電子化することでペーパーレスによる業務の効率化と入力されたデータ活用についてご紹介いたします。

 セッション:分析  所要時間:約20
 BIを活用した現場データの見える化について
 講師:ウィングアーク1st株式会社 様
 来年度のHACCP義務化により対応はもう済まれてますでしょうか。

この変革期に際し、重要になるのは“取得したデータをいかに活用できるか”です。今回は実際に取り組まれているHACCP対応による取得データや食品業のIoTデータの活用事例をBIツールを軸にご紹介いたします。

 

 

日時   申込受付中
会場
参加費
対象
主催 株式会社内田洋行
共催
協賛
内容
備考 ※当セミナーは、オンラインセミナーです。
 セミナー視聴URLは、お申込みより2営業日中にE-MAILにてお知らせいたします
※同業者の方のお申込み、個人の方からのお申込みはお断りすることがございますので、予めご了承ください

お問合わせ

株式会社内田洋行
情報ソリューション事業部 プロダクト営業部
清水
03-6659-7132